Top > 葉酸サプリ > 厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

 

その効果は厚生労働省が正式に適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

 

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

 

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

 

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにしてください。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。

 

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。

 

妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

 

一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。

 

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明する時までは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。

 

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

 

葉酸サプリはベビ待ち女性が飲むべき!

 

葉酸サプリ

関連エントリー
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?葉酸の過剰摂取による副作用とは?葉酸の摂り過ぎには注意!葉酸サプリはいつ飲むのが効率的!治療段階で判明する不妊の原因とは?