Top > 葉酸サプリ > 葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!

葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!

妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

 

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。

 

でも、葉酸には様々に活躍してくれます。例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

 

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。

 

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

 

具体的には、普段の食事に加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

 

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事をポイントです。

 

葉酸 サプリメント 妊娠希望

 

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!葉酸は妊婦にとって多くの効果が期待できます!妊娠中に不足しやすい栄養素とは?厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?葉酸の過剰摂取による副作用とは?葉酸の摂り過ぎには注意!葉酸サプリはいつ飲むのが効率的!治療段階で判明する不妊の原因とは?